外付けhddをフル活用しよう~まだ見ぬ世界へレッツインストール~

パソコン

データを共有

USBメモリーは紛失しやすい

USB

手軽に持ち運べて大容量のデータを保存できるUSBメモリーを所有している方は多いのではないでしょうか。 外付けHDDは持ち歩くにはサイズが大きいものが多いので、手の平に収まるUSBメモリーは持ち運びに非常に適していると言えます。 自分で撮影した映像を記録して持ち運ぶこともできるので色々な場面で便利な品物ですが。 その手軽に持ち運べるサイズだということから紛失しやすく、大切な個人情報が満載されたUSBメモリーをある日突然失ってしまうなんてことも起こる可能性があります。 もちろん、そういった当事者になるまでは殆どの方が自分はそんなミスをしないと高を括っているものですが、当事者になってしまったらその余裕が仇となります。 だからこそセキュリティ機能でUSBメモリーを暗号化することなどが重要になります。

セキュリティ機能でデータを第三者が見れないようにしましょう

セキュリティUSBメモリーというものがこの世の中には存在します。 こういったセキュリティ機能を有したUSBは公共施設や企業などのUSBメモリー紛失事件が立て続けに発生していることもあって現在では非常に注目が高まっています。 このセキュリティUSBを利用すれば記録されたデータを暗号化することができ、第三者がデータを入手しようとしても暗号化によってデータの内容を見ることができません。 さらに暗号化以外にもパスワードを設定することができるので、パスワードを知らない人間のアクセスを防止することに役立ちます。 近年では指紋認証機能を備えたUSBメモリーも発売されているので何重にも情報漏洩を防ぐ対策を講じたい場合に役に立ちます。